TAG

レジデンストラック

【ミャンマー】日本にビジネス目的等で渡航するミャンマー人の方々への査証の発給について

2020年9月7日付けで、在ミャンマー日本大使館より以下の発表がされています   日本にビジネス目的等で渡航するミャンマー人の方々への査証の発給について 9月1日、日本国政府は、ミャンマーに居住するミャンマー国籍者のうち、以下1に示すビジネス上必要な人材等について、入国後14日間の自宅待機等の措置を条件に日本への入国を認めること(いわゆる「レジデンストラック」の開始)を発表しました。 こ […]

マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー及び台湾との間の「レジデンストラック」について

令和2年8月14日 外務省発表より 茂木敏充外務大臣によるマレーシア訪問(8月14日)及びメコン3か国(カンボジア、ラオス及びミャンマー)訪問(8月21日から25日)において、各国との間で9月上旬に「レジデンストラック」を開始することに合意しました。また、台湾については日本台湾交流協会を通じた意思疎通を行ってきており、8月28日に、台湾との間で「レジデンストラック」を開始することに合意しました。こ […]

カンボジア、ラオス、ミャンマーと往来再開へ

外務省は9月上旬より、アジア各国とのビジネス渡航者の往来を段階的に再開させる。カンボジア、ラオス、ミャンマーとの間で、9月上旬より長期滞在者用の「レジデンストラック」を開始することで合意。国費留学生の早期入国も認める。また、ラオス、ミャンマーとは、短期出張者用の「ビジネストラック」の早期の運用開始に向けて外交ルートで調整することでも一致した。 なお、カンボジア、ラオス、ミャンマーについては、上陸拒 […]

タイ・ベトナムとの間の レジデンストラックの手続きについて

1.制度の概要について 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について  一般の国際的な往来とは別に、ビジネス上必要な人材等の出入国について例外的な枠を設置します。  現行の水際措置を維持した上で、追加的な防疫措置を条件とする仕組みを試行します。 措置の概要 • ビジネストラック:本件試行措置により例外的に出入国が認められ、「活動計画書」の提出等の更なる条件の下、14日間の自宅等待機期間中も、 […]

ベトナム人の訪日査証等の申請及び渡航について:7月29日受付開始(国際的な人の往来再開に向けた段階的措置)

2020/8/5(更新) 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置に基づき,ベトナムにおいては,7月29日から一部対象について新規査証等の申請受付を開始します。 ベトナム人の方が,同措置の「レジデンストラック」を利用して日本への新規入国又は再入国を希望される場合,以下Iのとおり,当館において新規査証(ビザ)又は再入国関連書類提出確認書の発給を受けてください。 なお,当館で3月27日までに発給された査 […]