CATEGORY

技能実習

技能実習生がレジデンストラックを利用して入国する場合に関する よくある質問

外国人技能実習機構のホームページに「技能実習生がレジデンストラックを利用して入国する場合に関するよくあるご質問について」が掲載されています。   Q 政府の要請により 14 日間待機となる場合は、在留期間も 14 日間延長されるのか。 A 当該 14 日間の待機により、付与された在留期間内で技能実習計画に定める目標を達成することが困難となった場合、地方出入国在留管理官署に個別に御相談くだ […]

【技能実習】人材難の鉄道業界、「外国人活用」で解決するか

toyokeizaiからの発表資料 技能実習に鉄道施設保守整備職種の追加が内定している中での、鉄道業界の現状と課題に関する記事です。 少子高齢化・生産年齢人口の減少が社会問題と言われて久しいが、鉄道業界にも例外なくその波が押し寄せてきている。鉄道現場、特に保線系の係員不足については、重労働かつ深夜帯の作業であることからも忌避されているのが実情だ。さらには、現場部門のアウトソーシング化へのシフト、あ […]

【技能実習】修了後も異業種への転職可能に!

日本経済新聞の記事によると、出入国在留管理庁は25日、技能実習を修了した外国人が異なる業種に転職できる特例を設けると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で帰国できない外国人を対象とし、雇用の継続を後押しする。9月上旬から希望者の受け付けを始める。 雇用先が決まれば在留資格「特定活動」を付与し、日本で働き続けられるようにする。最長1年間の就労を認める。転職先は外食や建設、農業など人手不足の1 […]

技能実習巡りホットライン開始 日本とベトナム、労働環境改善へ

日本とベトナムは11日、外国人技能実習生の労働環境の改善に向け、両国間のホットラインの運用を開始した。加藤勝信厚生労働相とベトナムのブー・ホン・ナム駐日大使が同日の会談で合意。実習生全体の半数がベトナム人となっている。  加藤氏は会談冒頭「日本で安心して働き、母国で活躍してほしい」とあいさつした。大使は「何か発生したときの問題解決に向けた措置となる。協力態勢を強化していきたい」と応じた。  技能実 […]