【ベトナム】9月中の日本路線再開を計画

ベトナム政府は、同国の航空会社に対して近日中に国際線の運航再開を許可することを明らかにしています。

現地メディアの報道によると、ベトナム民間航空局(The Civil Aviation Authority of Vietnam: CAAV)はまず経済的な繋がりが深い日本及び韓国への路線を9月15日より再開させる計画とのこと。運航本数は日本路線・韓国路線共に週4便ずつとなる見込み。

渡航者は14日間の隔離措置が必要なのはこれまで通りですが、詳細については運輸省、外務省、国防省、保健省などが出席して行われる本日の会議で決定するとのこと。

ベトナムの各航空会社は、新型コロナウイルスの感染が拡大した3月下旬以降は国際線を全便運休。現在、日本~ベトナム間の路線はANAとJALの2社がいずれもベトナム発便のみを開設しています。

9月中の運航スケジュールでは、ANAはハノイ発成田行きを週2便、ホーチミン発成田行きを週3便を運航。一方、JALはハノイ発成田行きを週3便、ホーチミン発羽田行きを週3便、ホーチミン発成田行きは週2便の運航となっています。

 

<参照:asiatravelnoteからの発表資料より>